目 瞳 LOADING...

医療法人広田眼科HIROTA EYE CLINIC

2022 10月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

2022 10月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

本日の担当医師

午前
午後
予約について

ICL(近視矯正手術)


↑クリックで公式サイトに飛びます

 

ICLとは

小さなレンズを目の中に入れて近視や乱視を治療する新しい視力矯正手術のことです。LASIKのように度数に比例して角膜を削らないため、強度近視の方でも対応出来ます。

水晶体を摘出せずにレンズを挿入する治療は、「有水晶体眼内レンズ挿入術」あるいは「フェイキックIOL」と呼びますが、ICLも有水晶体眼内レンズ、フェイキックIOLの一種です。

 

 

ICLをオススメする理由

  • 長期的な安定性と安全性

生体適合性が高く、目の中にいれても異物として認識されにくい優れた素材です。特別なメンテナンスをする必要はなく、目の中で長期間にわたって透明な状態を維持し、長くレンズとして機能を果たします。

ICLは、取り外して元に戻せるので安心です。度数が進行したり、あとで白内障になっても、取り外してレンズを交換したりその他の治療法を導入することが可能です。

 

  • 高い矯正精度、優れた予測性

目標視力と達成できた裸眼視力の差が小さいことを「予測性が高い」といいます。
ICLは、予測性がきわめて高く、多くの場合に良好な視力が得られることが特徴です。
当院においても、ICLの手術を受けた方のほとんどが1.0以上の裸眼視力に回復されています。

 

  • ハロー/グレアや、コントラスト感度の低下が起きにくい

レーシックでは、暗いところで光を見たときに、輪がみえるハローや光がまぶしく見えるグレアなどが起きる場合があります。角膜を削ることによって、コントラストが低下しものがはっきり見えづらくなることもあります。
ICLでは、ハローやグレアなどの異常光視症やコントラストの低下が発生することはまれです。
暗所ではむしろ以前よりはっきりと見えるようになります。

 

  • ドライアイになりにくい

角膜を削るレーシックでは、フラップを作成する時に角膜の知覚神経が切断されるので、一時的にドライアイが生じやすくなります。
ICLでは、3mmの小さい切開のみしか作成しませんので、ドライアイが生じにくいといわれています。

 

  • 有害な紫外線をカット

ICLのレンズには、387ナノメートル以下の有害な紫外線を90%以上カットする紫外線吸収剤が含まれています。
紫外線のダメージにより、黄斑変性などになるといわれていますが、ICLでは紫外線をカットすることで、網膜のダメージの軽減が期待できます。

 

 

手術のおおまかな手順

 

目薬タイプの麻酔を点眼して、レンズ挿入のために角膜を3㎜ほど切開します。

※切開創は3㎜と小さいため、縫合の必要はありません。術後はしばらく抗菌点眼をする必要がありますが、創口はすぐに塞がり自然に治癒します。

 

 

インジェクターという挿入器を使って、切開した部分から細長く筒状に折りたたんだレンズを挿入します。
折りたたまれたレンズは、眼内でゆっくりと自然に広がります。
広がったレンズの両端の部分を毛様溝へ入れてレンズを固定します。

 

 

同じ手順でもう片方の目にもレンズを挿入します。
手術は両眼行う場合でも20~30分程度で完了します。

※術後は、麻酔が切れるまで30分~1時間ほどお休み頂き、ご帰宅となります。

 

 

リスクと合併症

  • 術後のかすみ・まぶしさ・異物感・しみる感じ・充血

術直後はかすんだり、ぼやけたり、充血したりします。

 

  • 結膜下出血

白目が赤くなることがありますが、自然に消失します。視力への影響はありません。

 

  • ハロ・グレア・光のにじみ

光がにじんだり、光の周囲がぼやけて見えたり、光の輪が見えたりすることがあります。しばらくすると気にならなくなる方がほとんどです。

 

  • 老眼(老視)

手術の有無にかかわらず、40歳頃から「手元が見にくい」といった老眼の症状がでます。近視が直ると老視の症状が自覚されやすいです。

 

  • 眼圧上昇/高眼圧

眼圧上昇がみられた場合、点眼や内服を一時的に追加します。

 

  • 術後眼内炎

ごくまれに手術後の感染性眼内炎を発症したケースが報告されています(発症率0.02%)。もし発症した場合は直ちに治療が必要です。

 

  • 白内障(水晶体の混濁)

進行して視力障害を生じた場合はICLを摘出して白内障手術をおこないます。(発症率2%、手術に至る率0.4%)

 

 

費用について

 

  • hole ICL 乱視矯正なし

両眼 500,000円 片眼 260,000円

 

  • hole ICL 乱視矯正あり

両眼 600,000円 片眼 320,000円

 

金額は全て税抜です。

費用には手術代と術後3ヶ月までの定期検査代、及び薬代が含まれています。

 

 

割引制度

警察官、消防士、自衛官など災害対応や救援活動に従事する可能性が高い職種の方は、各手術の10%を割引きいたします。

当院でCLを定期購入されている方は、5%を割引きいたします。

当院で屈折矯正手術をされた方の紹介があり、確認できれば5%割引いたします。

 

お問い合わせ

お問い合わせ・診療予約

当院では待ち時間短縮のために、
予約診察を行っています。
電話での予約は、ご希望日の2ヶ月前からの
ご予約が可能です。