目 瞳 LOADING...

医療法人広田眼科HIROTA EYE CLINIC

2022 10月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

2022 10月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

本日の担当医師

午前
午後
予約について

黄斑上膜

黄斑上膜とは

黄斑部に膜が張る病気です。

 

黄斑上膜の症状

物がゆがんで見えたり(変視症)、視力が落ちたりします。
この疾患は、片眼にして障子や方眼紙などの格子状のものを見ると線がゆがんでみえることで、ある程度の自己診断が可能です。
しかし、変視症を起こす疾患には、急いで治療が必要な疾患もありますので、眼科での精密な検査が必要です。

 

自己チェックシート

 

 

黄斑上膜の原因

黄斑上膜には、加齢により自然にできるものと、外傷や炎症がきっかけとして出来るものがあります。
多くは前者で、硝子体が変性して網膜から離れていく時に、黄斑部の上に硝子体の一部が残り、その硝子体膜に細胞が増殖してゆっくり厚くなり、更に収縮したものです
網膜剥離、網膜裂孔、外傷、手術、ぶどう膜炎によっても黄斑上膜ができることもあります。

 

ぶどう膜炎に続発した黄斑上膜

 

 

 

黄斑上膜の治療

黄斑上膜の根本的な治療は、硝子体手術で黄斑上膜を除去するしかありません。
しかし、黄斑上膜にはさまざまな程度があり、黄斑上膜があれば、すぐに手術をしなければならないというわけではありません。
視力低下、変視症の増強などがあれば、手術をお勧めいたします。
放置しておくと、一層の視力低下、変視症の増悪、網膜の浮腫、円孔の形成などが起こることもありますので、手術をしない場合も定期的な診察が必要です。

 

 

術前

手術前

矯正視力 0.15

 

 

 

 

術後

手術後視力 0.9

 

網膜の浮腫は残存するが黄斑前膜は除去されている

お問い合わせ

お問い合わせ・診療予約

当院では待ち時間短縮のために、
予約診察を行っています。
電話での予約は、ご希望日の2ヶ月前からの
ご予約が可能です。