目 瞳 LOADING...

医療法人広田眼科HIROTA EYE CLINIC

2022 10月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

2022 10月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

本日の担当医師

午前
午後
予約について

網膜剥離とは

網膜剥離とは

網膜が剝がれた状態のことで、網膜が剥離した部分の視野は欠け、中心まで剥離が及ぶと視力が低下します。
網膜剥離は、放置すれば確実に失明する怖い病気です。
しかし、早期に発見して的確に治療すれば、多くの場合は視機能を維持できます。

 

 

網膜剥離の症状

  • 飛蚊症

虫や糸くずなどの『浮遊物』が飛んでいるように見えます。
この症状を飛蚊症といい、明るい方向や白っぽい物を見たときに自覚しやすいようです。

 

  • 光視症

キラキラと存在しないはずの光が見えます。

 

  • 視野欠損

網膜剥離になると、剥離した部分の視野が欠損します。
視野検査で、見えない部分と網膜剥離の部位は一致しています。

 

 

網膜剥離の原因

多くの網膜剥離は、加齢により硝子体が液化すると、網膜と硝子体の癒着の強いところに網膜裂孔ができ、そこから網膜の裏側に水がまわり込んで生じます。
これが裂孔原性網膜剥離で、ボクシングや野球で生じる外傷性網膜剥離も一種の裂孔原性網膜剥離です。
壁紙に小さな隙間ができ、空気がまわってはがれていくのと同じですが、目は常に動いているため、網膜の裏に水がまわりやすく、早期に適切な治療を行なうことが必要です。

 

 

 

 

網膜剥離の治療

  • 網膜光凝固術

網膜剥離を伴わない網膜裂孔であれば、光凝固術(レーザー)で治療をします。
入院の必要がなく、患者さんにかかる負担も少ない簡単な方法です。

 

  • 強膜バックリング

網膜裂孔ができた強膜の外側に、柔らかいプラスチックまたは柔らかいシリコーンを縫いつけて眼球を内側にへこませ、網膜をくっつけます。
網膜裂孔の周囲には、熱凝固や冷凍凝固を行い、網膜を癒着させます。
入院期間は1~2週間です。

 

  • 硝子体手術

最近の主流の治療法で、網膜に癒着している硝子体を直接に切り離す方法です。
硝子体の牽引を切除しただけでは、網膜は剥離したままですので、ガスで網膜を復位させてから原因となる網膜裂孔周囲に眼内レーザーを照射します。
網膜がくっつくまでは、うつぶせが必要になります。
入院期間は1~2週間です。

硝子体にガスを注入しますので、高率に白内障となります。45歳以上では白内障手術と同時に行うことをお勧めします。

 

 

症例

手術前視力 指数弁

上方の大きな網膜裂孔と胞状も網膜剥離が認められる

 

手術後視力 1.2

 

網膜裂孔は閉鎖し、網膜は復位している

お問い合わせ

お問い合わせ・診療予約

当院では待ち時間短縮のために、
予約診察を行っています。
電話での予約は、ご希望日の2ヶ月前からの
ご予約が可能です。