目 瞳 LOADING...

医療法人広田眼科HIROTA EYE CLINIC

2022 10月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

2022 10月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

本日の担当医師

午前
午後
予約について

弱視とは

弱視とは

生後まもない時から8歳頃にかけ、視力はゆっくり発達します。
この時期に、何らかの理由で視力の発達が阻害されて視力が出にくい状態を弱視といいます。

 

弱視の症状

  • いつもテレビに近づいて見る
  • 目を細める
  • 物を見るときに顔を傾ける
  • 目の前の小さなものを掴み損ねる
  • 何かにぶつかったり、転びやすい
  • 塗り絵などの細かい作業がうまくできない

 

弱視の原因

1. 屈折異常弱視

両眼の屈折異常(遠視、乱視、強度近視など)がある場合

 

2. 不同視弱視

両眼の屈折度に著しい差がある場合

 

3. 経線弱視

強度の乱視がある場合

 

4. 斜視弱視

斜視があるため、片方の目しか使っていない場合

 

5. 形態覚遮断弱視

眼瞼下垂、先天白内障、器質的疾患、目の手術後の眼帯使用などで、片方の目しか使っていなかった場合

 

 

 

弱視の治療

斜視、固視の状態、屈折異常、他の眼科疾患がないかを調べます。
屈折異常を調べる時は、調節麻痺薬を使用します。

屈折異常のある場合は、調節麻痺下での屈折の状態を調べ、メガネを装用します。
斜視のある場合は、斜視の治療も同時に行います。
器質的疾患があれば、その治療を同時に行います。

メガネ装用だけでは視力の向上が望めない時は、良いほうの目を隠して、弱視の目を使うように訓練します(アイパッチ訓練)。

 

  • 斜視、弱視ともに、早期発見、早期治療が大切です。
  • 幼すぎて検査が出来ないのではと悩まずに、あれ?と思ったら、まず検査を受けてみましょう。
  • 小児では根気強く検査を行い、治療を始めていきましょう。
お問い合わせ

お問い合わせ・診療予約

当院では待ち時間短縮のために、
予約診察を行っています。
電話での予約は、ご希望日の2ヶ月前からの
ご予約が可能です。