案内 問い合わせメール

コンタクトレンズ豆知識

コンタクトレンズには、ハードコンタクトレンズと、ソフトコンタクトレンズがあります。

ハードコンタクトレンズ

小さくて硬めのレンズです。現在作られているレンズはすべて酸素透過性のレンズです。
装用感がやや悪く、慣れるまでに時間がかかりますが、見え方がシャープで、乱視に強いなどの長所もあります。
調子が悪い時は、痛みなどがすぐに自覚されるため、角膜疾患が早期に発見されます。

ソフトコンタクトレンズ

大きくてやわらかいレンズです。
通常レンズと、1-day、1-week、2-week、1-monthなどの使い捨てレンズに分けられます。
装用感が良く、ずれにくいため、スポーツなどに適しています。
通常レンズは、1〜2年持ちますが、アレルギーなどがあると寿命が短くなります。
使い捨てレンズは、衛生的ですが、経済的にはあまりよくありません。
エアオプティクスEXアクア(チバビジョン)、アキュビューアドバンス、アキュビューオアシス(ジョンソンアンドジョンソン)は、新素材であるシリコーンハイドロゲルを用いた使い捨てタイプのコンタクトレンズで、高い酸素透過率(Dk/t値)と低い含水率を実現し、酸素不足だけでなく、目の乾きも防いでいます。

 どのレンズにするかは、使用目的、目の状態によって決まります。
 どのレンズを選ぶにしても、基本的には眼鏡も併用し、コンタクトレンズ装用時間を短くするようお勧めします。



〒731 山口県周南市新町1-25-1 TEL 0834-33-1313 広田眼科クリニック 院長 広田 篤

©2013 Hirota EYE CLINIC. All Rights Reserved.