案内 問い合わせメール

院長あいさつ

 広田 篤

近年の医療の進歩にはめざましいものがあります。
新しい検査機器を使った診断、 手術を含めた治療は、年々変わりつつあるといっても過言ではありません。
これらの新しい成果を、患者さまに還元するには、常に最新の設備に更新し、医療にたずさわる医師、看護婦などのスタッフが、常に向上心をもって学習していくことが大切です。
広田眼科は、医療の進歩に遅れることなく、その時に考えうる最高の眼科医療を、地域の人々に提供することを目標に、日々努力しています。
その一方、医療が進歩しただけでは、患者さまが幸せになれるとは限りません。
今ほど治療法が多様化すると、患者さまの背景、希望をよく考え、その患者さまにとって最良の医療(一人ひとりに合ったテーラーメイド医療)を行うことが重要となります。
よく説明し、納得の得られた医療(インフォームドコンセント医療)を行うことも同様に重要です。
我々が考える医療理念は、これらを駆使した「誠意ある医療」にあります。
広田眼科では、最高水準の眼科医療を、誠意をもって行うことを常に心がけています。
我々は、患者さまが治療に満足され、眼病から開放されることを切々と願っています。


院長略歴

1978年 山口県立徳山高等学校 卒業
1985年 広島大学医学部医学科 卒業 広島大学眼科医局 入局
1987年 済生会呉総合病院 眼科
1988年 県立広島病院 眼科
1992-1995年 米国エール大学眼科ブラディ記念眼研究所 留学 (post doctoral fellow)
1995年 医学博士取得(日内リズムにおける交感神経受容体の働き)
1995年 広島大学眼科 講師
1995年 広島大学眼科 医局長
1997年 県立広島病院 眼科医長
1999年 周南市広田眼科勤務
2000年 医療法人広田眼科院長
2002年 山口県眼科医会理事
2005年 山口県眼科医会副会長
2010年 広島大学大学院医歯薬総合研究科視覚病態学(広島大学眼科)臨床教授

資格

・1985年 医師国家試験
・1990年 日本眼科学会眼科専門医
・1995年 医学博士

学会員

・日本医師会
・日本眼科学会
・日本眼科医会
・日本網膜硝子体学会
・日本緑内障学会
・日本眼内レンズ屈折手術学会
・日本眼科手術学会
・American Aacademy of Ophthalmology
・AmericanSociety of Cataracta and refractive surgery

原著

・英文 Invest Ophthalmol Vis Sci(1997)、J Ocular Pharmacol(1996) 他6冊 
・和文 日眼会誌(1995) 他60冊
・著書 眼科診療プラクティス、図説臨床眼科講座 他多数

〒731 山口県周南市新町1-25-1 TEL 0834-33-1313 広田眼科クリニック 院長 広田 篤

©2013 Hirota EYE CLINIC. All Rights Reserved.