案内 問い合わせメール

糖尿病とは

目の奥には、カメラのフィルムに相当する網膜という膜があり、ここに多くの毛細血管が分布しています。
糖尿病になると血液の粘性が高くなり、網膜の毛細血管を詰まらせます。
網膜の血流が悪くなると、局所的に酸素や栄養が不足し、出血や腫れなどを起こして視力が低下します。
糖尿病網膜症は、進行度によって、単純型、前増殖型、増殖型に分けられます。





★は、糖尿病で障害を受けやすい部分 糖尿病になると眼科的な障害を受けやすい


糖尿病と網膜症

糖尿病は、国内に700万人、予備軍を含めると1400万人いるといわれています。
糖尿病は、合併症が非常に怖い疾患で、網膜症、腎症、神経症がその三大合併症です。
眼の合併症は、診断されたときから、定期的な検査と治療を続ければ、確実に防げます。
しかし、実際には放置している人が多く、眼底出血などの症状が出てから受診される方が多いようです。
そのため糖尿病網膜症のある方の20%が失明の危機にさらされ、実際に毎年3000人もの人が視力を失っています(失明原因の第2位)。





〒731 山口県周南市新町1-25-1 TEL 0834-33-1313 広田眼科クリニック 院長 広田 篤

©2013 Hirota EYE CLINIC. All Rights Reserved.