案内 問い合わせメール

単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズの特徴

単焦点レンズでも、白内障手術によって、水晶体(もともと目の中レンズ)の濁りがなくなるため、明るく、見やすくなります。
しかし、好みの距離に焦点をあわせているため、手元の新聞も、遠くの看板も両方くっきり見えるという訳ではありません。

例として、遠くが見えるような度数の単焦点眼内レンズを挿入した患者さんは、運転やゴルフは眼鏡なしでいいのですが、近くの字を読みたい時、スコアカードを見たい時には近用眼鏡(いわゆる老眼鏡)が必要となります。
近くが見えるような度数の眼内レンズを挿入した患者さんは、読書、お料理、お化粧にはいいのですが、遠くのテレビを見るときや運転するときには眼鏡を必要とすることが多くなります。
老眼になると、目の調節力がなくなり、遠くと近くが見えないことをハンディーに感じます。単焦点眼内レンズは、水晶体の濁りがなくなった分見えやすくはなりますが、老眼が治るわけではありません。

多焦点眼内レンズは、遠距離と近距離に焦点が合うように設計されており、 従来の単焦点眼内レンズに比べ、遠くと近くを眼鏡なしでみやすくなります。
ただし、万能ではなく、若い頃のように、見たいところに焦点を自由に合わせられるわけではありません。
位置によっては、眼鏡が必要となることもありますし、細かい文字を読んだり、長時間運転をする時などは、眼鏡をかけた方が楽・ネ場合もあります。
生活パターン、職業などによって、眼鏡をかける頻度を減らしたい方にいいといわれています。


単焦点眼内レンズ

単焦点眼内レンズはその名が表すとおり、 1つの距離に焦点を合わせた眼内レンズのことです。
単焦点眼内レンズを入れた後は白内障のにごりがなくなり非常に明るくなり見やすくなりますが、1つの焦点しか合わないため、 手元の新聞も、遠くの看板も両方の距離がくっきり見えるという訳ではありません。



多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズは、単焦点眼内レンズと異なり、遠くと近くに焦点が合います。
図2の写真のように、近くのメモや、遠くの値札にも焦点が合うようになります。
多焦点眼内レンズは、遠く、近くに焦点を合わせられるように設計されていますが、見え方に慣れるには、一般に数ヶ月程度かかるといわれています。
中間距離がややみえにくく、暗い所では単焦点眼内レンズと比べ、くっきり感がやや落ちることがあります。
薄暗い場所や夜にライト等を見ると、光の輪(ハロー)やまぶしさ(グレア)を感じることもあります。
特にレンズを入れた後の数ヶ月は、夜間の車の運転等には注意が必要といわれています。




眼内レンズの種類について



〒731 山口県周南市新町1-25-1 TEL 0834-33-1313 広田眼科クリニック 院長 広田 篤

©2013 Hirota EYE CLINIC. All Rights Reserved.