案内 問い合わせメール

涙道閉塞とは

涙道閉塞は『涙の排出路(排水管)が詰まる』病気です。
涙は上眼瞼の『涙腺』で作られ、目の表面を潤した後、目頭にある小さい排水口『涙点』→『涙小管』→『涙嚢』→『鼻涙管』→『鼻腔』に抜けていきます。
この涙が流れる管を『涙道』といいます。





涙道閉塞の症状

常に涙がたまっていたり、悲しくもないのに涙がこぼれてきたりします。
排水管がつまっているため、目の表面にたまった汚いものを十分に洗い流すことができないので、細菌に感染しやすくなり、結膜炎を繰り返し起こすようになります。長い間、目が潤む、目尻や目頭の皮膚が赤くなり切れて痛くなる、さらに結膜炎を繰り返している場合は涙道がつまっている可能性があります。


涙道閉塞の検査

涙道がちゃんと通っているかは眼科での簡単な検査でわかります。
目の表面の涙のたまり具合をみたり、結膜炎、涙嚢炎の有無をみたり、涙点から水を流す『涙道通水検査』をします。
さらに、涙道の中を直接観察できる『涙道内視鏡』、鼻の中を観察する『鼻内視鏡』を使えば詳細に検査できます。





〒731 山口県周南市新町1-25-1 TEL 0834-33-1313 広田眼科クリニック 院長 広田 篤

©2013 Hirota EYE CLINIC. All Rights Reserved.