案内 問い合わせメール

黄斑上膜の症状

黄斑上膜は、物を見る中心である黄斑の上に膜が形成され、その膜が収縮して、周辺の網膜に皺(しわ)を作る疾患です。
そのため、物がゆがんで見えたり(変視症)、視力が落ちたりすることがあります。
早期の場合は、無症状なことも多く、眼底検査などで偶然に見つかることもあります。
この疾患は、片眼にして障子や方眼紙などの格子状のものを見ると線がゆがんでみえることで、ある程度の自己診断が可能です。
しかし、変視症を起こす疾患には、急いで治療が必要な疾患もありますので、眼科での精密な検査が必要です。





〒731 山口県周南市新町1-25-1 TEL 0834-33-1313 広田眼科クリニック 院長 広田 篤

©2013 Hirota EYE CLINIC. All Rights Reserved.