案内 問い合わせメール

よくある質問

遠くからくる平行な光が、角膜、水晶体で屈折して、網膜上に像を結べば正視、結ばなければ屈折異常といいます。
屈折異常には、近視、遠視、乱視があります。

Q. 遠視の人は、老眼が早い?
A. はい。老眼とは、加齢とともに、調節力(近くを見る時働く力)が減退し、近方視が困難になった状態を言います。
遠視の人は、近視の人に比べ、近方視でより多くの調節力が必要なため、比較的早く近用眼鏡を必要とします。

Q. 近視の人は老眼にならない?
A. いいえ。近視の人も老眼になります。
しかし、もともと調節力を使わなくても、近くにピントがあっているので、遠用眼鏡をはずすと近くが見えやすくなります。
そのため、老眼鏡を使用する人が少なく、そう勘違いしやすいようです。

Q. 眼鏡をすると近視が進む?
A. いいえ。小学校などの成長期は、眼球が大きくなり、近視が進みやすい時期です。
この時期に眼鏡を装用し始める人が多いため、そう錯覚されやすいようです。
眼鏡をしてもしなくても、多くの近視は成長に伴って進んでいきます。
最近の研究では、適切な眼鏡装用をしたほうが、近視の進みが遅くなるとの報告もあります。

Q. コンタクトレンズをすると近視が止まる? A. いいえ。Q3にも関連しますが、中、高校生になると、成長期もほぼ終わり、近視が進みにくくなります。
コンタクトレンズを始める時期が、ちょうどこの時期と一致することによる錯覚です。

Q. コンタクトレンズより、眼鏡のほうが目には良い。
A. はい。
コンタクトレンズは、目に直接装用するため、角膜障害などを生じることがありますので、必ず定期検査が必要です。
見え方、外見上の理由から、コンタクトレンズを装用する人が増えていますが、調子が悪い時に、無理してコンタクトレンズを装用しないよう、必ず眼鏡と併用することをお勧めします。

Q. LASIKをすると見え方が悪くなる?
A. いいえ。最近のLASIKの技術は進んでおり、もともとの角膜のゆがみ(収差)まで治すことができます。
夜間の見え方もあまり問題ないとされています(詳しくはLASIKの項まで)。



〒731 山口県周南市新町1-25-1 TEL 0834-33-1313 広田眼科クリニック 院長 広田 篤

©2013 Hirota EYE CLINIC. All Rights Reserved.