案内 問い合わせメール

眼瞼下垂症に対する手術


多くの眼瞼下垂症は手術をしないと改善しません。 軽度のものでは必要ありませんが、視力障害を生じている場合、あるいはおでこを使って無理やり上げることにより目が疲れやすくなっている場合が適応になります。
眼瞼下垂症に対する手術としては以下に挙げられるものがあります。
なお、当院では平成25年からNIDEK社炭酸ガスレーザーを用いて、出血の少ない眼瞼下垂ならびに眼瞼内反症などの手術を行っています。

術前

@上眼瞼挙筋短縮術(Levator resection)

腱膜性眼瞼下垂、軽度の先天性眼瞼下垂、軽度の神経障害による眼瞼下垂に対して行います。
上眼瞼挙筋腱膜、及びミューラー筋を一塊として瞼板から剥離し、短縮して瞼板に再び縫着します。



術後

A眉毛下皮膚切除術

Bミュラー筋タッキング




〒731 山口県周南市新町1-25-1 TEL 0834-33-1313 広田眼科クリニック 院長 広田 篤

©2013 Hirota EYE CLINIC. All Rights Reserved.