案内 問い合わせメール

加齢黄斑変性症とは


ものを見るために最も重要なのは、網膜の中心にある黄斑部です。
加齢黄斑変性症は、黄斑部の下に本来は無い新生血管が生じ、出血を繰り返す病気です。
以前はそれほど多くありませんでしたが、生活習慣の変化により、日本でも時代を追って増加しています。
アメリカなど欧米先進国では、50歳以上の失明原因の一位となって、社会的な問題になっています。


わが国における視覚障害の現状, 2007 より

加齢黄斑変性症の眼底

LV=(0.1)
正常眼底

LV=(1.2)

〒731 山口県周南市新町1-25-1 TEL 0834-33-1313 広田眼科クリニック 院長 広田 篤

©2013 Hirota EYE CLINIC. All Rights Reserved.