案内 問い合わせメール

眼精疲労とは

眼精疲労とは、目を使うときに、眼痛などの目の症状や、頭痛、肩こり、吐き気などの症状が出現し、休息や睡眠をとっても回復しない状態をいいます。


眼精疲労の原因

最も多いのは、初期の老眼(加齢によって目の調節力が弱くなった状態)で、無理に近業作業を行った時や遠くと近くをしばしば見返えす時に起こります。
40歳以下の若い人では、左右の度数が異なっていたり、度の合わない眼鏡を使用したりすると、よく出現します。
最近は、パソコンなどを使用する機会(VDT作業)が増えたため、これが原因の眼精疲労も増えています。
眼精疲労には、緑内障や斜視などの器質的な疾患が隠れていることもありますので、注意が必要です。
その他、全身疾患に伴うもの、心因性のもの、環境によるものも眼精疲労の原因になり、その要因は多岐にわたっています。


眼精疲労の治療

眼精疲労に対する特効薬はありませんが、その原因をよく調べることが重要です。
過矯正眼鏡装用による調節異常、VDT作業などによる眼精疲労、初期の老視などは、調節機能である輻輳反応と瞳孔反応の変化を測定することによって調べられます(トライイリスC9000など)。
適切な眼鏡、とくに作業距離に合った眼鏡を作成すると、頭痛、肩こりなどの症状が改善することが多いようです。
パソコンを使用する機会の多い人は、適度な休息を取ること、モニターの位置を調節することなどが大切です。
ドライアイを合併している人も多く、ビタミン剤などが配合された点眼薬が有効である場合もあります。


〒731 山口県周南市新町1-25-1 TEL 0834-33-1313 広田眼科クリニック 院長 広田 篤

©2013 Hirota EYE CLINIC. All Rights Reserved.